/

この記事は会員限定です

アップルVSサムスン混戦 訴え多様、判決ばらつき

販売差し止めの判断焦点

[有料会員限定]

米アップルと韓国・サムスン電子の知的財産を巡る訴訟合戦は31日、アップルの訴えを認めた先の米連邦地裁評決から一転、東京地裁の舞台でサムスン側に"軍配"があがった。ただ、いずれも敗訴側が上訴するとみられるうえ、世界では両社の訴訟の多くがなお係争中。争点の知的財産がまちまちで、勝敗はばらつく公算が大きい。混戦模様を呈する争いは、一方に販売差し止めを命じる判断がどこで下るかが焦点となる。

東京地裁で争わ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1186文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン