原子力規制委、波乱の船出へ 人事は首相任命の公算大きく
再稼働判断遅れも

2012/9/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

原子力規制の新たな司令塔となる原子力規制委員会の人事が国会の同意を得られず、野田佳彦首相が見切り発車で原案通りに委員を任命する公算が大きくなってきた。規制委は9月中に発足するが組織の信頼性に不安が残り、原発の安全基準や規制の見直しなどに影を落とす恐れがある。規制委は政治に翻弄された波乱の船出となる。

規制委は過去の原発行政の反省から独立性の高い機関とする代わりに、委員長や委員の人事には衆参両院の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]