/

日本のリアル 養老孟司著

食・環境を軸に価値観の変遷語る

「田んぼには肥料も農薬もいらない」とする農業や、山と川の手入れによって復活する漁業、そして千年ぶりに豊かさを取り戻している日本の自然林を対象に、採算に合う林業が実に説得的に語られている。産業論として実に面白いのである。

「農業で成功した人は、国の言うことの逆をやって自立していった人たち」であるそうだ。きっとそうだろう。農協などが強くなりすぎると、組織でメシを食う人間が政策の中心となるのだ。

あるいは大震災の後、三陸の海は「平年の倍ぐらいのスピードで生き物が育って」いるとのこと。普通は2年かかるカキやホタテが1年で収穫できそうだと説明されている。悪いことばかりではないのだ。

「国産材の値段はかつての三分の一にまで下がっており、今や国際価格と同じ」になって、どんどんマーケットに材木が出るようになったそうである。

また「家族の絆」や若者の価値観の変遷を「食卓」や「環境」を軸に語っている。たしかに環境やエコロジーへの意識は高まっているが、外界や他者への関心は低くなっている。養老孟司と4人の達人による対談集。

★★★★

(福井県立大学地域経済研究所所長 中沢孝夫)

[日本経済新聞夕刊2012年8月29日付]

★★★★★ これを読まなくては損をする
★★★★☆ 読みごたえたっぷり、お薦め
★★★☆☆ 読みごたえあり
★★☆☆☆ 価格の価値はあり
★☆☆☆☆ 話題作だが、ピンとこなかった

日本のリアル 農業・漁業・林業 そして食卓を語り合う (PHP新書)

著者:養老 孟司.
出版:PHP研究所
価格:777円(税込み)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません