車メーカー、北京の官僚詣で 政治家の関与薄れる

2012/8/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

「小型車の購入補助制度を復活させるべきだ」。北京市の中心に位置する国家発展改革委員会(発改委)と工業情報化省の庁舎。奇瑞汽車(安徽省)総経理の尹同躍(49)、比亜迪(BYD、広東省)董事長の王伝福(46)ら中国の自動車メーカー首脳が陳情を重ねる。

中国の自動車政策は工業情報化省が素案をつくる。ただ、メーカーが望む補助金などは財政省との調整が必要で、経済政策を総合的に仕切る発改委が「実質的なとりま…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]