/

この記事は会員限定です

繰り返し流産・死産する不育症 支援が広がる

治療費の助成や相談窓口

[有料会員限定]
 妊娠しても流産や死産を繰り返す「不育症」への支援が広がりつつある。治療費を助成したり相談窓口を設置したりする自治体が増加。今年1月からは原因の一つである血栓を予防する注射に保険が適用されるようになった。不育症の研究が進み、原因や治療法が明らかになってきたことが背景にある。ただ、社会的な理解が十分に深まっているとはいえず、一層の支援を期待する患者も多い。

神奈川県内に住む会社員の女性(36)は次男...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2290文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン