日本経済史 近世―現代 杉山伸也著 多様な視点から全体像を捉え直す

2012/7/9付
保存
共有
印刷
その他

近世から現代まで400年余りにわたる日本経済の発展を長期的な視座から解明する本書は、いわゆるマクロ・ヒストリーに重点をおいた日本経済史の大著である。近年、歴史研究において個別実証的な研究志向が一層強まるなか、著者の問題意識は、単にナショナル・ヒストリーの研究にとどまらず、その枠組みを超え、経済社会の全体像をダイナミックに捉えるとともに、西欧中心主義的な歴史観を再検討するところにある。

本書の特色…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]