大学出版続々、ブランド発信 「本離れ」のなか明大・東京外大…
成果と個性訴え、古参組も経営改革

2012/6/7付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

大学の出版部設立が続いている。明治大や東京外国語大など約10校がここにきて大学出版界に加わった。大学改革が進められる中、研究成果などの発信力を強化し、大学のステータスやブランドを高めようとする戦略の一環だ。学生を巻き込み、教育面でもプラスの効果を生もうとする動きもある。「学長主導」で生まれた出版部も多く、今後の展開が注目されそうだ。

「大学の先生の研究を一般の読者が読めるようにしたい」。2011…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]