/

ラバー・ソウル 井上夢人著

破局の先にドンデン返し

(講談社・1900円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

この作品を恋愛ミステリーと紹介してしまうとネタバレになるかな。ビートルズ世代のメッセージと読むのは、ごく表向きの一面だし。作者、久方ぶりの快挙である。であれば、基本モチーフが、タイトルに「X」や「葉桜」のつく有名ミステリーに相似する、と指摘するくらいは許されるだろうか。

叙述スタイルは、多くの事件関係者の証言を並べていく形式。テンポはゆっくりながら、じつに達者に読ませる。ここで作者の深いたくらみを見破るのは、至難の技だ。ざっとした印象は、かなりヘヴィなストーカー小説なのである。愛は定め、定めはストーカー。「ここまでやるか」の世界を読まされるのは、正直しんどい読者もいるでしょう。

ストーカーが暴走し、殺人を起こすのは定石の進行だ。各人の証言は「すべてが終わった後」から集められているようだが、微妙な誤差も見つけられないではない。何が破局に待っているのか、予測はだいたいつく。けれども、この小説の真価は、驚きのドンデン返しは、その先にある。ビートルズ・ナンバーでいえば「アンド・アイ・ラヴ・ハー」の余韻か。

★★★★

(評論家 野崎六助)

[日本経済新聞夕刊2012年6月6日付]

★★★★★ これを読まなくては損をする
★★★★☆ 読みごたえたっぷり、お薦め
★★★☆☆ 読みごたえあり
★★☆☆☆ 価格の価値はあり
★☆☆☆☆ 話題作だが、ピンとこなかった

ラバー・ソウル

著者:井上 夢人.
出版:講談社
価格:1,995円(税込み)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン