/

この記事は会員限定です

「実践教育」が学習意欲を向上

[有料会員限定]

学生自らが課題を抽出し解決策を練る学習形態は「アクティブラーニング」と呼ばれるが、大学教育に詳しい京都大学の溝上慎一准教授は「アクティブラーニングは学習意欲向上と高い学習成果につながる。企業の課題を解決する実践教育は、その究極の形」と話す。

昨年度から始めた学生と企業の若手社員のチームで社員の仕事の課題を解決する教育プログラムを含め、社会で働くことを意識させる実践的な教育を以前から取り入れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り195文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン