2019年7月19日(金)

柔の恩人 小倉孝保著  反骨の女子柔道家の生涯

2012/6/1付
保存
共有
印刷
その他

(小学館・1600円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

(小学館・1600円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

釘(くぎ)になるな、ハンマーになれ――。この言葉を胸に反骨の人生を生きた女子柔道家がいる。ラスティ・カノコギ。「女子柔道の母」と呼ばれている。彼女がいなければ、女子選手が五輪の畳に上がる時代の到来は随分遅れていただろう。

著者は書く。〈当たり前のことが当たり前でなかった時代がある。そして、歴史のページをめくり、普通の時代を作るには、圧倒的なエネルギーを持った者の登場を待つしかないことがある。女子柔道の場合、それがラスティだった〉

今から53年前、彼女はYMCAニューヨーク州選手権の団体戦で男子に交じって優勝しながら女性であることを理由に金メダルを剥奪された。そんな時代もあったのだ。

彼女は偉大な柔道家であると同時に偉大な運動家でもあった。それは彼女が1980年にニューヨークで開催された第1回世界女子柔道選手権大会を組織委員長として取り仕切ったことでも明らかだろう。女子柔道が五輪で正式採用されたのは、この12年後のことだ。

女子柔道に夜明けをもたらした人物は3年前の11月、骨髄腫のため世を去った。彼女こそは、まさしく「柔の恩人」だった。

★★★★

(スポーツジャーナリスト 二宮清純)

[日本経済新聞夕刊2012年5月30日付]

★★★★★ これを読まなくては損をする
★★★★☆ 読みごたえたっぷり、お薦め
★★★☆☆ 読みごたえあり
★★☆☆☆ 価格の価値はあり
★☆☆☆☆ 話題作だが、ピンとこなかった

柔の恩人 「女子柔道の母」ラスティ・カノコギが夢見た世界

著者:小倉 孝保.
出版:小学館
価格:1,680円(税込み)

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。