人材を成長分野に移す規制改革を

2012/5/27付
保存
共有
印刷
その他

医療介護やサービス業、新エネルギー関連など今後有望な産業は、経済産業省の試算によれば、2020年までに1000万人の人材需要を生みだす。

成熟産業からこうした成長性の高い分野へ人が移っていけば、産業構造の改革が進んで日本経済が元気になる。これから減少のペースが速まる労働力を有効に活用し、ひとり当たりの生産性を高めるためにも、成長分野に人材が流れ込むようにする必要がある。

派遣期間制限を見直せ

だが…

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]