スポーツ > コラム > 記事

主役をつかめ

日本勢48年ぶりの頂点めざす ボクシング 村田諒太

(1/2ページ)
2012/5/22付
保存
共有
印刷
その他

ロンドン五輪(7月27日開幕)で実施されるのは26競技302種目。「メジャー」とされる競技の方が少ないかもしれない。4年に1度のひのき舞台で輝くために鍛錬を積み、頂点に挑むアスリートを紹介する。

昨年の世界選手権で日本勢過去最高の銀メダルを獲得した

昨年の世界選手権で日本勢過去最高の銀メダルを獲得した

今年1月に亡くなった東京五輪バンタム級金メダリストの桜井孝雄さんを最後に、ボクシング金メダリストは日本から出ていない。

「それだけ難しいことに挑戦する。やりがいがある」とミドル級(69キロ超~75キロ)代表の村田諒太(26、東洋大職)は言う。昨年の世界選手権で日本勢過去最高の銀メダルに輝いた26歳には、48年ぶりの頂点を目指す資格がある。

「自分の武器は馬力とスタミナ」と語る右構えのファイター。だが、接近戦で遮二無二パンチを振るうタイプではない。

ガードを固めながら圧力をかけ、中間距離で上下に的確に打ち分ける正統派スタイル。182センチの均整の取れた肉体も海外勢に見劣りしない。

大学4年生だった4年前、北京五輪の出場を逃して一度はグローブを壁につるした。欧米の層が厚い重量級。「これ以上やっても世界で通用すると思えなかった。あっさり辞めました」。母校の事務職員として第二の人生をスタートさせた。

転機は2年後。勤務のかたわら、OBとしてコーチをしているボクシング部で部員の不祥事があり、活動自粛となった。汚名をそそぎたいと責任を感じると同時に、ボクシングへの未練が急に頭をもたげ始める。

「すっぱり辞めたつもりなのに、中途半端というかモヤモヤした気持ちを引きずっていた」

もともと国内で敵なしの存在。1年半ぶりに復帰した2009年の全日本選手権でいきなり優勝すると、おのずと目指す先はロンドンに定まった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

主役をつかめ 一覧

新城は少人数で逃げるレースをけん引し、最後まで足をためておくことができる

 生まれは沖縄・八重山、育ちはフランス。新城幸也(ヨーロッパカー、27)は自転車ロードレースの本場、欧州たたき上げの日本人レーサーだ。
 五輪には初参戦でも、由緒ある「3大ツール」では知られた顔だ。日本 …続き (2012/7/27)

田中和にとって平行棒は「相棒」だ

 体操の男子代表、田中和仁(27、徳洲会)には得点を稼げる種目が2つある。平行棒と鉄棒だ。2009年の世界選手権で種目別銅メダルを獲得した平行棒は「高校の時から得意だった」。一方、鉄棒は「もともと苦手 …続き (2012/7/26)

女子470級で近藤(左)と田畑組は世界ランク1位=共同共同

 動力を持たない全長470センチメートルのヨットを、風の力と乗員2人の判断力だけで走らせる。このセーリング470級で近藤愛(31、アビーム)と田畑和歌子(28、同)のペアは目下、世界ランキング1位にい …続き (2012/7/25)

ハイライト・スポーツ

[PR]