目覚めた東電筆頭株主 都、橋下氏と重なる手法(迫真)

2012/5/17付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

東京電力の新役員人事の発表を4日後に控えた5月10日夜。東京都庁舎6階の自室にいた副知事、猪瀬直樹(65)の携帯電話に原子力損害賠償支援機構から連絡が入った。東電の社外取締役に猪瀬が内々に推していた公認会計士、樫谷隆夫(63)が選ばれたと告げられた。

猪瀬はその場で樫谷に連絡を入れる。「電力改革の第一歩です。よろしくお願いします」と力を込めて激励すると、樫谷は「分かりました」と即答した。2人はほ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]