維新の会、国政へ始動 既成政党への不信が背景
塾通じ候補者を養成 政策実現性に課題も

2012/5/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

橋下徹大阪市長が率いる地域政党「大阪維新の会」が、次期衆院選での全国規模の候補者擁立を目指している。6月には政権公約となる「維新八策」の大綱もまとめ、約2000人の維新政治塾の受講生を"候補者予備軍"として絞り込むという。ただ、橋下氏が掲げる「決定できる民主主義」の全体像はまだ鮮明ではない。6月の大綱公表時にどこまでビジョンを自ら語るかが問われる。

「生き残るのに必死です」。大阪市内での4月の政…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]