参謀 森繁和著 真のリーダーの器問う

2012/4/20付
保存
共有
印刷
その他

(講談社・1400円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

(講談社・1400円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

8年間で4度のリーグ優勝を達成した落合中日。落合博満前監督の右腕としてチームを支えたのが著者である。文字どおりの「参謀」だった。すなわち本書は「参謀」の視線によるリーダー論である。

「責任はオレが取るから。迷わずに思い切り自分の思ったとおりにやれ」。それが落合の口癖だったという。指揮官は孤独である。全ての責任を負う。好調な時はいいが、負けが込むと細部にまで口を挟みたくなるのが人情というものだ。なかには「利は自分に。非は他人に」というリーダーもいる。組織に不幸が生じるのは、そういうリーダーを戴(いただ)いた時だ。

著者は〈いかに、大事なことを部下に任せられるか〉がリーダーの条件と説く。8年間、落合は著者の投手起用に一切、口出しをしなかった。決めたことは守る。信頼した以上は全て任せる。〈自分が人に守れと命令した以上は、自分が守る。ここまで自分を抑えられる監督はすごいといつも思う〉と著者は上司を絶賛している。

将の器とは何か。それをつくづく考えさせられた。ブレない、逃げない、迷わない。部下は常にリーダーの背中を見つめている。

★★★★

(スポーツジャーナリスト 二宮清純)

[日本経済新聞夕刊2012年4月18日付]

★★★★★ これを読まなくては損をする
★★★★☆ 読みごたえたっぷり、お薦め
★★★☆☆ 読みごたえあり
★★☆☆☆ 価格の価値はあり
★☆☆☆☆ 話題作だが、ピンとこなかった

参謀―落合監督を支えた右腕の「見守る力」

著者:森 繁和.
出版:講談社
価格:1,470円(税込み)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]