/

ダーク・スター・サファリ ポール・セロー著

アフリカ縦断の文学的紀行文

アメリカの人気作家セローは、お手軽なパックツアーの観光客だけにはなりたくないと宣言する。

(北田絵里子・下村純子訳、英治出版・2800円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

ケニアで猛獣狩りをおこなった先輩作家への反感があるからだ。

「アフリカで経験できるあらゆる種類の旅の中で、最もたやすく見つかる、最も底の浅いものを好んだのがヘミングウェイという男なのである」と、彼は言う。

あたかもヘミングウェイに反旗(はんき)をかかげるかのように、北のカイロから南のケープタウンまでアフリカ東部の9カ国を股にかけた一人旅に出る。

少しばかりの着替えを入れた古鞄(かばん)にブリーフケース、安物時計に小型ラジオだけの軽装だ。

一部の国には、四十年ほど前に暮らしていたことがあり、再訪の旅でもあった。

アフリカ縦断の「貧乏旅行」で出会った人々、見た風景、感じたことなどが小説家の筆づかいでこと細かに書き綴(つづ)られている。

スーダンのイスラム教徒の既婚女性の脚に彫られているタットゥー(刺青(いれずみ))へのフェティシズム、ウガンダで売春婦に身をやつしている女性たちの話など、読者の覗(のぞ)き見趣味を満足させてくれるような面白いエピソードがふんだんにまぶされている。

とはいえ、これは異国の風変わりな風習だけを取りあげる通俗的な旅日記ではない。むしろ、一種の文学的な紀行文でもある。西洋文学の先人たちがアフリカをどう捉えたか、過去の文学作品が引き合いに出される。

著者によれば、かつてディケンズが『荒涼館』で皮肉った慈善家の発想がいま行われている西欧主導の人道的アフリカ支援の発想と同じであり、アフリカ人の自立をもたらさないという。

「そうした寄贈物は、電池が切れれば走らなくなり、壊れれば修理もされないたぐいの、見栄えのいいクリスマス・プレゼントみたいなものだ」と。

このようなアフリカの僻地(へきち)を旅した文学的な記録のすばらしさは、めったに行けない異国への扉を開いてくれるところだ。

(アメリカ文学者 越川芳明)

[日本経済新聞朝刊2012年4月1日付]

ダーク・スター・サファリ ―― カイロからケープタウンへ、アフリカ縦断の旅 (series on the move)

著者:ポール セロー, Paul Theroux.
出版:英治出版
価格:2,940円(税込み)

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン