/

この記事は会員限定です

エルピーダ支援の限界 技術競争力失う

企業再生と政府の関与

[有料会員限定]

エルピーダメモリが先月、会社更生法の適用を申請した。政府は日本政策投資銀行を通じ300億円を出資していたが、回収は難しい状況だ。

エルピーダに政投銀が出資したのは2009年だ。政府はリーマン・ショック後の金融危機から企業を守るため産業活力再生法をつくった。その適用第1号だった。

経済産業省は当時、「DRAMの供給を確保することは国民生活や経済産業活動を支えるために極めて重要」と出資について説明して...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り426文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン