/

この記事は会員限定です

「鉄の女」は間違えたのか サッチャー改革の本質

[有料会員限定]

映画の祭典、米アカデミー賞の授賞式は日本時間の今日である。これまで主演と助演の女優賞を1回ずつ受け、候補に上った回数では最多記録のメリル・ストリープが「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」(日本公開は3月)でオスカーに挑んでいる。

演じるのは「鉄の女」と呼ばれた英国の女性首相。実在のサッチャー元首相は86歳で認知症を患うが、映画でも認知症の主人公が、亡夫の幻影と対話しつつ過去をふり返る。

首相在...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1869文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン