読者とソーシャル交流、作家に刺激 「本づくり」次章へ
批判・共感、展開左右も

2012/2/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ソーシャルメディアへ感想文などを投稿し、読書体験をほかの人と共有する「ソーシャルリーディング」が広がっている。電子書籍のページ画面上で、読者が感想をつぶやきながら意見を交わしたり、集めたつぶやきを書籍の制作に生かしたりする試みも出てきた。孤独な「読書」がソーシャルにより読者と作家、編集者が交流しながら読み、作るスタイルへと変わり始めた。(宮沢徹、林英樹)

「突っ込み」を投稿

「(これが)成功する企…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]