「アンドロイド」2億台に アップルに対抗
特許訴訟・囲い込みが焦点

2011/12/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

グーグルのエリック・シュミット会長がこだわる「オープン」は、成長分野のスマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)で競合する米アップルを意識した戦略だ。グーグルの基本ソフト(OS)「アンドロイド」を搭載したスマホやタブレット端末は、世界での出荷台数が2億の大台に迫る。すでに台数では、アップルのiPhone(アイフォーン)を追い抜いた。

グーグルが無償提供するアンドロイドを使って、韓国や台湾のメーカー…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]