アマゾンが国内参入、出版界は新会社 電子書籍、本格普及へ
読書文化も変化

(1/2ページ)
2011/10/22付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

電子書籍の普及に向け、出版界が急速に動き始めた。世界最大の電子書店の米アマゾンが日本進出を決めた一方、日本の出版社は電子書籍を流通させる新会社を共同で設立する。作家や読者を取り巻く環境も激変し、読書文化そのものが大きく変わる可能性がある。

アマゾンは年内にも日本語の専用サイトを開設し、電子書籍の販売に乗り出す。現在、講談社をはじめ出版大手と交渉を進めているもようだ。アマゾンは米国で電子書籍を普及…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]