/

この記事は会員限定です

アジア・新興国NOW チェココルナ、利下げ観測・資金逃避で下落

[有料会員限定]

チェコの通貨コルナが対ユーロで1ユーロ=25コルナ弱と、1月以来のユーロ高・コルナ安水準で推移している。景気減速を背景にチェコ国立銀行(中央銀行)が利下げに踏み切るとの観測が高まった。新興国全般から資金を回収する動きも影響し、対ユーロ相場は8月に直近高値を付けた後、下落が続いている。

チェコ中銀は過去最低の0.75%の政策金利を昨年5月から継続しており、夏までは利上げのタイミングを探っていた。とこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り552文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン