2019年7月19日(金)

日本資本主義の父、渋沢栄一 再評価の機運
拝金主義を反省 論語解釈に脚光

(1/2ページ)
2011/10/8付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一の経済倫理思想が再評価されている。「論語」の研究者でもあった渋沢は主著「論語と算盤(そろばん)」などで、利益追求と道徳の合一を説いた。資本主義の行きすぎた拝金主義への反省から、渋沢の思想は中国をはじめ欧米でも注目されている。

■セミナー盛況

渋沢が亡くなったのが1931年11月11日。今年、没後80年を迎える渋沢の思想について理解を深める目的で、渋沢栄一記念財団主…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。