2018年7月17日(火)

成長担う革新の方法とは トップ先導で新事業を ハーバード経営大学院教授 クレイトン・クリステンセン氏
世界を語る

(1/2ページ)
2011/10/2 3:30
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 日米欧が成長力不足に悩んでいる。日本は過去20年、成長を担う新しい企業・事業の不足という構造問題を抱えてきた。同期間にグーグルなどの新企業が次々大企業に育ち、アップルが新事業で時価総額世界一に上りつめた米国でも最近では雇用創出力に陰りが見える。成長のカギは既存の構造を打ち破る革新(イノベーション)だ。革新を促すヒントを米ハーバード経営大学院教授、クレイトン・クリステンセン氏に聞いた。

 ――近著「…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報