2019年2月21日(木)
スポーツ > コラム > 記事

駆ける魂

フォローする

大島親方の秘蔵っ子力士 大相撲・旭秀鵬(上)

(1/2ページ)
2011/9/13 15:30
共有
印刷
その他

大相撲の大島親方(元大関旭国)は来年4月に65歳の定年を迎えるので、来年3月の春場所が師匠の最後の場所となる。ピラニアと呼ばれた業師の親方が有終の美を飾るための部屋の秘蔵っ子が、新十両の旭秀鵬(23、本名トゥムルバートル・エルデネバートル=モンゴル出身)だ。

旭秀鵬は横綱・白鵬も「エバ」と呼んでかわいがる

旭秀鵬は横綱・白鵬も「エバ」と呼んでかわいがる"イケメン"力士だ

■愛称は「エバ」

1992年2月に旭鷲山ら6人のモンゴル人が日本の大相撲に初めて足跡を残し、来年で20年。相撲協会の人別帳(名簿)にはこれまで52人のモンゴル力士名が登録され、現在も28人の大勢力だ。

その中でも旭秀鵬は、とりわけ印象深い力士となろう。"イケメン"の力士として。周囲はエルデネバートルを略して「エバ」と呼ぶ。その甘い顔に愛くるしい愛称が、しこ名以上にぴったりくる。横綱・白鵬も「エバ」と呼んでかわいがる。泥臭い土俵の匂いや汗を感じさせない、最近では珍しい美形力士である。

父は運送会社の元社長、母は元教師。首都ウランバートルの中心部に住み、3人きょうだいの姉が軍の病院医師、兄は日本の防衛大に留学して、現在は大統領警護官。何不自由ない生活で、父は、末っ子には軍人関係以外になることを希望した。

■柔道で日本に留学

進路を決めるとき、ドイツ留学の話もあったが、両親に話したのは「相撲をやりたい」だった。テレビで日本の相撲のとりこになっていた。

モンゴルでバスケット選手だった旭秀鵬は、国際交流の一環で日本の岐阜第一高に留学することになる。「柔道で五輪選手をつくる」というモンゴルの国策だ。200人から2人選ばれた。

「びっくりしました。すごい田舎で。山とか自然が豊かで、建物は低いし、日本に来る前のイメージとはだいぶ違った」という。

やったこともない柔道であったが、それでもバランスの良さ、天性のバネであっという間に県大会の100キロ級で優勝、東海地区では3位となった。

  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

駆ける魂 一覧

フォローする
天才と言われるのが一番嫌だった

 「相手とケンカができないとだめです」。やや物騒な物言いで中田久美(47)は豪放に言い放つ。「ケンカできる選手がコートの中に何人いるか。それでバレーボールは決まります」
 15歳で日本代表に選ばれた。日 …続き (2012/11/10)

選手にヒントは与えるが、指示はまばらだ

 「世界を知らなければ世界には勝てない」。日立時代、当時の監督、山田重雄からそうたたきこまれて育った。世界一は目指すものではなく、当然つかむべきものだった。ロサンゼルス五輪の「銅」は首からすぐ外し、1 …続き (2012/11/10)

勝負どころではセオリーを外したい

 自分が「バレーはケンカ」と思って戦ってきたから、要所で腰が引けるセッターを久光製薬監督の中田久美は認めない。本人によれば勝負強いセッターとは「大事な局面で意表を突くトスをする。勝負どころであえてセオ …続き (2012/11/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]