/

友達の数は何人? ロビン・ダンバー著

進化人類学の視点で探る人間

(インターシフト・1600円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

著者はオックスフォード大学の進化人類学の専門家で、「内輪」の仲間の数をあらわす「ダンバー数」で有名な人物。

しょっぱなから、人間の脳が大きい理由が説明される。なんと、一夫一婦制で、常にパートナーに気を遣わないといけないから、脳が発達したらしい。

われわれが三原色で世界を見ているのは周知の事実だが、赤と緑を識別する視細胞はX染色体上の遺伝子の指令でつくられる。だから、(XXである)女性は、微妙に異なる波長に反応する視細胞をもつことができて、3つどころか、4つや5つの色の識別能力をもつこともある。うーん、妻が服の色味にこだわるのには、科学的な根拠があったんですねぇ。

本の後半では「志向意識水準」なる難しい概念が登場する。これこそが、人間と他の動物たちとの決定的なちがいなのだ。

この概念は、人間どうしの複雑な心の探り合いを指すが、シェイクスピアの偉大さは、劇中人物だけでなく、観客の心理までをも読んだ台本の妙にあるのだ。

進化人類学の視点から眺めると、人間の行動がいちいち納得できる! 藤井留美訳。

★★★★

(サイエンスライター 竹内薫)

[日本経済新聞夕刊2011年9月7日付]

★★★★★ これを読まなくては損をする
★★★★☆ 読みごたえたっぷり、お薦め
★★★☆☆ 読みごたえあり
★★☆☆☆ 価格の価値はあり
★☆☆☆☆ 話題作だが、ピンとこなかった

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン