/

この記事は会員限定です

大手ゼネコン、節電で「ビル管理」強化

システムで空調など制御

[有料会員限定]

大成建設や清水建設など大手ゼネコン(総合建設会社)が節電対策でビル管理システムの機能を強化する。多くのビルが従来備えるエネルギー管理システムと連携したシステム設計で、オフィスの空調やパソコンの稼働を制御できるようにした。両社ともまずは自社施工物件に応用する。

大成建設が開発したシステムでは、二酸化炭素(CO2)の排出削減目標を入力し、どこまで稼働を抑制するかを空調や照明の設備ごとに決めておく。ビ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り213文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン