2018年12月14日(金)

身も心も 盛田隆二著 老境の執着、緻密な筆致で

2011/7/1付
保存
共有
印刷
その他

(光文社・1200円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

(光文社・1200円 ※書籍の価格は税抜きで表記しています)

6人の作家が同じテーマで競作するシリーズの一冊。テーマは「死様(しにざま)」。重いが避けて通れない主題だ。

盛田隆二は『身も心も』という意味深長なタイトルの小説の中で、老人の性と生への執着を緻密に描いている。

妻を数年前に脳梗塞で亡くし、息子夫婦と同居している主人公・礼二郎は、家を出たがらない75歳。家族の者から背中を押されるようにして参加した絵画サークルで、11歳年下の岩崎幸子と出会う。なんとなく惹(ひ)かれあう2人だったが、幸子にはとても1人では抱え切れないほどのつらい過去があった……。

小説は、前半、2人の恋を中心に動く。手を取り合うだけで幸福感に満ちる逢瀬(おうせ)。だが幸子が自分の過去を打ち明けるあたりから、小説は別の世界へ移行する。

幸子の長い打ち明け話を聞いた礼二郎が脳梗塞に倒れる。小説の後半は、礼二郎が2度の脳梗塞に見舞われつつ、リハビリを続ける姿を、礼二郎の意識に即して描く。

特に後半が身につまされる。病気やリハビリ中の両親を抱える世代はもちろん、自身が老境に差しかかった人々には、圧倒的なリアリティをもった小説。

★★★★

(批評家 陣野俊史)

[日本経済新聞夕刊2011年6月29日付]

★★★★★ これを読まなくては損をする
★★★★☆ 読みごたえたっぷり、お薦め
★★★☆☆ 読みごたえあり
★★☆☆☆ 価格の価値はあり
★☆☆☆☆ 話題作だが、ピンとこなかった

保存
共有
印刷
その他

関連キーワード

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報