/

この記事は会員限定です

震災と文学、荒川洋治さんに聞く

地域への想像力養おう 詩も現実にまみれる試みを

[有料会員限定]

日本を揺るがす大災害は詩や小説にも、大きな課題を投げかけている。今、文学はどこに向かえばいいのか。第一線で詩作しながら、古今の文学作品を精力的に紹介してきた現代詩作家、荒川洋治さんに聞いた。

時代が激変する時には、人の心を揺さぶる優れた文学が生まれる。そんな思い込みは、会って早々に覆された。

「この大災害を、文学の言葉にするのは、とても難しい」。荒川さんはそう語る。「詩は集団的、社会的な言葉とは、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1492文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン