2019年1月22日(火)

駆ける魂

フォローする

初の元Jリーガー社長 J2鳥取・塚野真樹(上)

(2/2ページ)
2011/4/23 7:00
保存
共有
印刷
その他

だが、なり手が全く見つからない。「誰も鳥取からJリーグにいけると本気で思っていない」ためだ。選手ら現場は中ぶらりんの状態になり、やる気がそがれていく。06年の天皇杯で、高知大相手に0―4で大敗を喫する。

「あきらめがなければ大学生にこんな負け方はしない。これまで積み上げてきたものが壊れてしまう」。危機感を持った塚野は湘南から戻り、鳥取の社長になると決断した。

■行動力で昇格導く

いったん思いを定めたら、行動は早かった。地元企業や個人を一軒一軒回って資金を集め、06年末に運営会社を設立。その後も資金集めに奔走し、ガイナーレを軸に地域を活性化しようと熱心に説いた。

積極的に補強も進め、08年には小村徳男、09年に岡野雅行、10年に服部年宏と、日本代表経験者を次々と獲得。着実に地力をつけた。周囲から「こんな小さい県からJ昇格など無理だ。夢だ」と言われ続けたクラブが、10年についにJFLで優勝を果たし、J2昇格を決めた。

塚野が地元を歩くと、スポンサー企業の社長など、顔見知りと頻繁にすれ違い、その場に輪ができる。「街が小さいから」と謙遜するが、それだけ精力的に駆け回り、多くの人を引きつけている証拠だろう。

(敬称略)

駆ける魂をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

駆ける魂 一覧

フォローする
現地でチームの練習場所と時間を調べ、シューズとウエアに着替え先回り

 名刺には「海外サッカー道場破り 1勝15敗」と自己紹介している。元海外プロサッカー選手といっても華々しい戦歴があるわけではない。菊池康平(34)がプロとして契約したのはボリビアの州リーグのクラブ。し …続き (2017/6/18)

日本サッカー協会の夢先生として子どもたちに授業をする=JFA提供JFA提供

 2005年春、菊池康平は明大を卒業し、人材派遣会社パソナに入社した。学生時代の夢とは決別し、その情熱を会社員人生へ――。とはならなかった。
 社会人になっても、夏休みや年末の休みには、ブルネイ、ベトナ …続き (2017/6/18)

鳥栖からの移籍1年目、人生2度目の転機といえる充実の日々を送る

 「今年は改めてキーパーというポジションの奥深さを感じている」。J1のFC東京でゴールを守る林彰洋(30)は楽しげに語る。鳥栖から移籍して1年目の今季、既にチームになくてはならない存在になっている。
  …続き (2017/6/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]