スポーツ > コラム > 記事

駆ける魂

フォローする

初の元Jリーガー社長 J2鳥取・塚野真樹(上)

(1/2ページ)
2011/4/23 7:00
保存
共有
印刷
その他

今季からサッカーのJ2に昇格したガイナーレ鳥取の社長、塚野真樹(40)には、ほかのJクラブの社長には無い特別なキャリアがある。選手としてJリーグでプレーしたことだ。

地元企業や個人を回って資金を集め、日本代表経験者も次々獲得してチームをJ2昇格に導いた

地元企業や個人を回って資金を集め、日本代表経験者も次々獲得してチームをJ2昇格に導いた

■2001年から現場も経営も取り仕切る

親会社からの出向組も多い中、元Jリーガーの社長は初めてのケース。選手としてトップリーグまで上り詰め、経営者としてもクラブをJリーグ昇格に導いた経歴はかなり異色だ。

塚野とガイナーレ鳥取との関わりは、1990年代末に始まった。当時はSC鳥取という教員主体のアマチュアチーム。鳥取県米子市を本拠に、中国地方のリーグで戦っていた。

地元出身の塚野はまず選手として参加し、後に監督やGMも務めた。チームが日本フットボールリーグ(JFL)に昇格した2001年からは塚野が中心となってチームを運営するようになり、現場も経営も取り仕切った。

■Jを目指すことに当初は反対

SC鳥取をプロ化して、Jリーグを目指そうという話が持ち上がったのは、塚野がGMだった05年。サッカーを通じた地域活性化を、と行政が旗を振った。

塚野は「最初、反対していた」と明かす。「プロは切った張ったの世界。今まで頑張ってきた選手が切られてしまうなど、プロにすることで失うものもある」というのが理由だ。地元出身が多い「アマチュアチームの良さ」を生かし、家族や知り合いを集めてそれなりに観客も入っていた。

しかし、Jを目指すべきだ、という意見は日に日に強まる。観念した塚野は3年間という約束で、湘南ベルマーレに指導者としての研修に向かう。「自分は経営者としては適任ではない。協力するなら現場だ」との考えからだ。社長は地元経済界などから探そうということになった。

  • 1
  • 2
  • 次へ

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

駆ける魂 一覧

フォローする
天才と言われるのが一番嫌だった

 「相手とケンカができないとだめです」。やや物騒な物言いで中田久美(47)は豪放に言い放つ。「ケンカできる選手がコートの中に何人いるか。それでバレーボールは決まります」
 15歳で日本代表に選ばれた。日 …続き (2012/11/10)

選手にヒントは与えるが、指示はまばらだ

 「世界を知らなければ世界には勝てない」。日立時代、当時の監督、山田重雄からそうたたきこまれて育った。世界一は目指すものではなく、当然つかむべきものだった。ロサンゼルス五輪の「銅」は首からすぐ外し、1 …続き (2012/11/10)

勝負どころではセオリーを外したい

 自分が「バレーはケンカ」と思って戦ってきたから、要所で腰が引けるセッターを久光製薬監督の中田久美は認めない。本人によれば勝負強いセッターとは「大事な局面で意表を突くトスをする。勝負どころであえてセオ …続き (2012/11/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]