2019年4月20日(土)

遠慮なく声上げて 岩井俊二さん 映画監督
yell エール

2011/4/7付
保存
共有
印刷
その他

仙台で生まれ育った。今は米国在住だが、慣れ親しんだ地名がニュースに飛び交い、信じられない思いで見ている。仙台市若林区の妹の家では、道路を挟んですぐの所まで津波が押し寄せてきたという。

東北では海沿いギリギリまで都市開発されることはあまりなかった。津波に何度も襲われた経験からそうなったのかもしれない。災害に対する備えがあるかどうかで被害も違ってくる。そのためにも「ここまで津波が来た」と後世に言い伝えていくことが大事だ。東北人には地震や津波と闘いながら暮らしを築いてきた強さがある。今回はあまりにも規模が大きいが、きっと復興すると思う。

むしろ原発事故がこのまま長引くと、日本の立場がどうなるか心配だ。福島の原発といっても海外の人たちは日本の原発ととらえる。何とか収束してほしい。

1978年の宮城県沖地震では、実家が見るも無残な状況になった。その時、外部の人たちの応援の声がなぜかピンとこなかった。それどころではないという精神状態だったのだろう。被災地の人はしてほしいことを遠慮なく声に出し、周りは耳を傾ける。善意を無駄にしないためにもこうした関係が大切だと思う。

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報