/

この記事は会員限定です

産業集積の強み守り抜け 大震災と日本経済(経済教室)

藤田昌久 経済産業研究所長・甲南大学教授

[有料会員限定]

東日本大震災は、津波や原発事故、電力不足も伴う複合災害で、被災範囲も極めて広い。本稿では、「空間経済学」の視点を交え、経済への影響を分析し復興の姿を考察する。空間経済学とは、多様な人間活動が近接立地して互いに補い合うことで生まれる集積力(生産性と創造性の向上)に注目し、都市や地域、国際間の空間経済システムのダイナミックな変遷を分析する経済学の新分野である。

被災者の救助、生活支援や原発対策が最優先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2954文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン