/

この記事は会員限定です

補正財源、赤字国債も視野 政府、震災復興へ検討

歳出・歳入見直し徹底、来月に第1次予算編成

[有料会員限定]

政府が東日本大震災の復旧・復興に向けた財源確保策を本格的に検討し始めた。来週成立する2011年度予算の歳出と歳入の見直しを徹底したうえで、不足分は赤字国債の発行も視野に、新規国債の増発で補う方針だ。復旧・復興経費は10兆円超に上るとの見方も出ており、基礎年金財源の流用や複数の増税案も浮上している。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り941文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン