/

この記事は会員限定です

中間層の厚みが成否左右 受け皿なく混乱も

池内恵 東京大学准教授

中東民主化(下)ドミノの行方

[有料会員限定]

2月11日、エジプトのムバラク大統領の辞任で、中東情勢は決定的な変化の段階に入った。エジプトの政治的・文化的発信力はアラブ世界で極めて大きく、エジプトの政権崩壊が周辺諸国の政府と反体制勢力の双方に与える影響は甚大である。すでにイエメン、リビア、バーレーンでは大規模なデモが騒乱に発展し、政権を揺るがせている。

「次はどこの国か」が高い関心を集める。変動が石油輸出大国サウジアラビアの政治体制に及べば、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2987文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン