/

愛知・豊橋の鶏、埋却・消毒完了

鳥インフル

愛知県豊橋市の養鶏農場で鳥インフルエンザが発生した問題で、県は3日、殺処分した発生農場の鶏約14万2千羽と卵、ふん、餌の埋却が完了したと発表した。発生農場の消毒もすべて終えた。4日から21日間の経過観察や検査を経て、発生農場と周辺農場に異常が確認されなければ、すべての移動制限が解除され、終息宣言が出される見通し。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン