/

大分で養鶏感染 鳥インフル

大分県は2日、採卵用の鶏を飼育する大分市宮尾の養鶏農場で鶏38羽が死に、遺伝子検査で高病原性鳥インフルエンザの感染を確認したと発表した。今冬、養鶏場での感染が確認されたのは計5県で11例となった。県は同日深夜、同農場の鶏約8100羽の殺処分を始めた。農林水産省は松木謙公政務官を同市に派遣することを決めた。

県によると、2日午後2時20分ごろ、農場が大分家畜保健衛生所に報告。死んだ鶏6羽を含む計11羽の簡易検査で一部が陽性となったため遺伝子検査した。県は殺処分や鶏舎の消毒などを3日昼までに終える予定。農場から半径10キロは鶏や卵の移動制限区域とし、11農場の約32万羽が対象となる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン