2019年4月23日(火)

駆ける魂

フォローする

規律重視、組織力で勝つ J1山形GM・中井川茂敏(上)

(1/2ページ)
2011/1/22 7:00
保存
共有
印刷
その他

1990年の東北リーグ昇格、94年のJFL昇格、そして2009年のJリーグ1部(J1)昇格。NEC山形サッカー部からモンテディオ山形となって浮上を続けるクラブの歴史は、常務理事兼ゼネラルマネジャー(GM)の中井川茂敏を抜きに語れない。

一丸となって、泥臭く、余力を残さず戦うチームスピリットを大事にする

■組織構築に自信

09年度の営業収入はリーグ最少の約11億6000万円で、J1平均の3分の1にすぎない。チームの人件費は約5億7000万円。J1で10億円を割っているのは山形だけだ。そんなチームが09年、10年(営業収入見込みは13億円)と続けてJ1残留を果たした。

「昇格を決めた08年もそうだったんですが、自信はあったんですよ。補強に始まって、いい準備ができていたので」。中井川の自信は、軸がしっかりした組織が築けているという手応えに裏打ちされている。

■チームに規律

10年間、NEC山形の社業に戻っていた中井川は07年10月にGMとしてクラブに復帰すると、チームに規律を植え付けることに力を注いだ。「マナーを重んじ、公人であることを意識して振る舞ってほしい」と訴え、「移動中は列車にゴミを残さないように」ということまで注意した。

財力の乏しいクラブ、選手層の薄いチームだからこそ、組織をがっちり固めて戦わないと勝機は訪れない。そのためには、しっかりした規律が必要だった。

警告、退場、出場停止試合の数から算出する反則ポイントを見ると、チームの変質がよくわかる。06年に163、07年に181だったポイントが、中井川が復帰した08年に63に激減。J1に上がった09年は23、10年は28でともにリーグで2番目に少なかった。一発退場は2年続けて0だ。

  • 1
  • 2
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

駆ける魂 一覧

フォローする
現地でチームの練習場所と時間を調べ、シューズとウエアに着替え先回り

 名刺には「海外サッカー道場破り 1勝15敗」と自己紹介している。元海外プロサッカー選手といっても華々しい戦歴があるわけではない。菊池康平(34)がプロとして契約したのはボリビアの州リーグのクラブ。し …続き (2017/6/18)

日本サッカー協会の夢先生として子どもたちに授業をする=JFA提供JFA提供

 2005年春、菊池康平は明大を卒業し、人材派遣会社パソナに入社した。学生時代の夢とは決別し、その情熱を会社員人生へ――。とはならなかった。
 社会人になっても、夏休みや年末の休みには、ブルネイ、ベトナ …続き (2017/6/18)

鳥栖からの移籍1年目、人生2度目の転機といえる充実の日々を送る

 「今年は改めてキーパーというポジションの奥深さを感じている」。J1のFC東京でゴールを守る林彰洋(30)は楽しげに語る。鳥栖から移籍して1年目の今季、既にチームになくてはならない存在になっている。
  …続き (2017/6/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]