2018年12月11日(火)

超電導引っ張る「昆虫系」 慶大専任講師・神原陽一さん
跳べニッポン人

2011/1/1付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

電気の抵抗がなくなる超電導現象が室温近くでも起きるようになるかもしれない――。2008年、東京工業大学のグループが発表した論文はこの年、研究論文として最も引用され、20年ぶりの超電導ブームを巻き起こした。細野秀雄教授(57)のもと実行部隊として大活躍したのが今は慶応義塾大学に移った神原陽一専任講師(33)だ。

関連記事

超電導と最も相性が悪いとされた鉄を使った超電導物質を発見、世界中の研究者が次に続けと新…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

若き俊英光る 「面白い」から新発見


電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報