/

この記事は会員限定です

クロスカップリング反応 液晶・医薬品合成に不可欠

化合物 一気に結合

[有料会員限定]

プラスチックや医薬品、電子材料など身の回りの工業製品の多くは有機化合物でできている。有機物の構造は、炭素原子が複雑に連なった骨格を持つ。それらを作るのに不可欠な技術が有機合成。今年のノーベル化学賞の対象となったクロスカップリング反応も、有機合成の手法の一つだ。

多くのプラスチックの合成では、小さな分子を繰り返しつなげる「重合」と呼ばれるプロセスが必要になる。だが、液晶などの電子材料や抗がん剤など...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り782文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン