/

この記事は会員限定です

地底1000メートルに望遠鏡 「時空のゆがみ」検知へ

一般相対性理論の裏付けに(星の生死を見る・下)

[有料会員限定]

輝く星が宇宙から消える様子を見る大型望遠鏡の計画が動き出した。星が爆発や衝突で消滅したときに発生する「重力波」という時空のゆがみを手掛かりに調べる。重力波はアインシュタインが予言し、観測に成功すればノーベル賞の受賞は確実とされる。新しい宇宙の姿が見えると期待されている。

重力波をとらえる望遠鏡は山の頂上ではなく、なんと深さ1000メートルの地底に置かれる。地下に建設する理由は重力波は目に見えずあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1441文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン