フィギュアの世界

フォローする

フィギュア高橋大輔、貴公子と豪華共作
ランビエルが振付師に

(1/2ページ)
2010/7/29 7:00
共有
印刷
その他

2006年トリノ五輪銀メダリストで、今年のバンクーバー五輪でも4位に入ったステファン・ランビエル(25、スイス)が今季、振付師としてデビューする。最初に手掛けたのはバンクーバー五輪銅メダルの高橋大輔(24、関大大学院)。ランビエル自らが売り込み、豪華なコンビが実現した。

バンクーバー冬季五輪のエキシビションで演技するランビエル(2月)=写真 小林健

バンクーバー冬季五輪のエキシビションで演技するランビエル(2月)=写真 小林健

"氷上のアーティスト"と言われたランビエルには名プログラムが多い。トリノのフリー「四季」、バンクーバーのショートプログラム(SP)「ウィリアムテル序曲」、同フリー「椿姫」……。いずれも信頼する振付師との共作だった。

「振付師は僕のアイデアを膨らまして作ってくれた。それに刺激を受けて、僕の表現の幅も広がっていったんだ」。第一線にいた選手が振付師としても活躍した例は少ないが、今度は自分が選手に刺激を与える番、とプロの振付師としての欲がわいてきた。

今年4月、大阪で行われたショーの控室で、ランビエルは高橋に「手伝えることがあったら、喜んでやるよ」と話しかけた。以前から好きなスケーターだったそうで、「上半身の動きが素晴らしい」。表現力に定評のある、自分と似たタイプの選手だったことも、高橋を選んだ理由だろう。

  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

電子版トップスポーツトップ

フィギュアの世界 一覧

フォローする
紀平はフリーで巻き返したが、SPの出遅れが響いた

 日本勢の金メダル2個、銀メダル1個と沸いたさいたま大会から5年。再びさいたまスーパーアリーナで行われたフィギュアスケートの世界選手権は、銀メダル1個にとどまった。だが、日本勢にとっては実り多く、これ …続き (3/30)

紀平はGPファイナルで、13年ぶりに日本選手として初出場初優勝を果たした=共同共同

 フィギュアスケートの世界では、五輪の翌シーズンに新しいスター選手や、大きなルール改正に伴ってこれまでにない戦い方をする選手が出てくることがある。今季はそれが顕著で、わかりやすい。紀平梨花(関大KFS …続き (1/14)

ジャンプにミスが出たが、高橋は高い演技構成点を獲得した=共同共同

 24日まで行われたフィギュアスケートの全日本選手権で男子2位に入った高橋大輔(関大KFSC)。2019年3月20~23日にさいたま市で開催される世界選手権の代表入りは辞退したものの、自分らしく4年ぶ …続き (2018/12/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]