/

小沢氏批判で生方副幹事長解任

民主が締め付け、党内「強権的」の声も

民主党執行部は18日、小沢一郎幹事長に批判的な言動を繰り返してきた生方幸夫副幹事長の解任を決めた。支持率低下に直面する党内に動揺が広がることを懸念し、締め付けに動いた。反発した生方氏は小沢幹事長の辞任論に踏み込んだ。党内からは執行部の対応が強権的だという批判の声も上がっている。

「小沢氏は辞任を」

生方氏は政権交代後に廃止した党の政策調査会復活をめざす中堅・若手の有志の会の世話人を務める。執行部には、生方氏が党外で「党運営が中央集権的だ」などと言及していることへの懸念が広がっていた。

高嶋良充筆頭副幹事長は18日、生方氏に副幹事長の辞表提出を求めた。生方氏は拒否し「党内には元秘書らが3人も逮捕されても何もならない方もいらっしゃる。なぜ私が役職を解かれなければいけないのか」と反発した。

生方氏はその後、記者団に「まともなことをやっていれば党の信頼が落ちることはなかった」と強調。「小沢幹事長は国民にもう一度説明し、納得が得られなければお辞めになるのが当たり前。それが民主党議員の多数派だ」と小沢氏の辞任にまで言及した。

高嶋氏は「放置できない」と急きょ副幹事長会議を開き、生方氏が辞任しないなら解任する方針を決めた。電話で報告を受けた小沢氏は「説得して解決できる方法はないのか」とためらったが、高嶋氏は「難しい」と回答。後任に辻恵氏を置くことも含め了承を得た。近く党役員会と常任幹事会で正式決定する。

政調復活論は「政府と党の一元化」の掛け声の下で、政府の役職に就けず、活動の機会を事実上、奪われた中堅・若手の不満を代弁している。党務も政策も小沢氏のさじ加減次第という党の現状への批判が議論の本質のため、執行部は神経をとがらせていた。

七奉行は生方氏擁護

小沢氏に距離を置く有力議員「七奉行」からは「何か問題があることをおっしゃったとは認識していない」(枝野幸男行政刷新相)、「耳の痛い話をした人が辞任を迫られるのは極めてよろしくない」(野田佳彦財務副大臣)と、生方氏を擁護する声が上がった。

七奉行の後見人を自任する渡部恒三元衆院副議長も「とんでもない話だ。民主党がこの国の民主主義を語る資格がなくなってしまう」と嘆いた。政調復活をめざす会で生方氏と行動を共にする安住淳衆院安全保障委員長も「執行部の反応が異様だ。前の民主党だったらこんなことはない」と不満をあらわにした。

執行部は批判の芽の摘み取りに躍起だ。党幹部の一人は「これ以上広がらない。生方氏も自民党を離党した鳩山邦夫氏のようになる。後ろを振り返ったら誰もいない」と自信をみせた。

鳩山由紀夫首相は記者団に「執行部批判はあっていいが、党の中でしっかりとなされればいい話だ」と、執行部の対応に理解を示した。小沢氏の辞任論にも「今申し上げる時ではない」と断じた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン