ギリシャ債務削減、民間負担なお綱引き
EU、60%に引き上げ論

2011/10/26付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

26日開催の欧州連合(EU)・ユーロ圏首脳会議で取りまとめる債務危機対応の「包括戦略」を巡り、ギリシャ向け金融支援での民間負担増が焦点となっている。EU側は民間の損失負担割合を60%に引き上げるよう要請。民間側とギリギリの交渉が続く。金融の安全網である欧州金融安定基金(EFSF)の拡大では、民間資金などを活用する2つの案を併用する方向となった。

7月に決まったギリシャ向けの第2次支援策では、民間…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]