/

この記事は会員限定です

薄被告、強権政治を展開 不正蓄財など疑惑次々

[有料会員限定]

中国共産党幹部で重慶市トップを務めていた薄熙来被告とその妻に絡んだ一連の疑惑。党の最高指導部入りを目指していた薄被告は経済格差の縮小を訴えて庶民の人気を得た。だが「暴力団撲滅」を名目に、企業経営者や資産家を摘発するなど強権政治を展開。汚職で巨額の資産を不正蓄財したともされる。

薄被告は高級幹部の子弟らで構成する「太子党」の有力者...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り166文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン