中国鉄道建設、再び加速 列車衝突事故から1年
海外延伸計画、景気刺激狙う

(1/2ページ)
2012/7/23付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

【北京=多部田俊輔】中国で200人以上が死傷した高速鉄道の列車衝突事故発生から23日で1年。鉄道省が鉄道建設のペース引き上げを加速している。基幹路線の8割強で工事を再開、今年の建設投資は当初計画より1割弱積み増す。高速鉄道の海外延伸や運行速度の向上も進める。事故後は安全管理を巡り批判を浴びたが、再び鉄道産業の育成強化に動く。

鉄道省は2012年通年の鉄道建設投資額を、年初計画の4113億元(約5…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]