/

この記事は会員限定です

アップル・サムスン、和解の契機探る

特許紛争、トップ会談へ スマホ勢力図に影響

[有料会員限定]

米アップルと韓国サムスン電子が、スマートフォン(高機能携帯電話=スマホ)の特許を巡って世界10カ国で続ける紛争で和解へ動き出す。両社首脳が21日、米国で裁判所が仲介する形で直接会い、協議に入る。戦意旺盛だったアップルのスティーブ・ジョブズ前会長の死去で和解ムードが出ており、会談の結果は世界のスマホ業界の勢力図に影響しそうだ。

「訴訟は嫌い」

「訴訟は嫌いだ。条件が整えば和解したい」。アップルのティム・クック最高経...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1006文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン