/

この記事は会員限定です

習氏スローガン「中国の夢」、重要思想に位置付けか

進む権力固め 「拙速」と指摘も

[有料会員限定]

中国の習近平国家主席が掲げる「中国の夢」とのスローガンが、共産党内で「毛沢東思想」や「トウ小平理論」などに並ぶ重要思想に位置付けられつつあることが18日分かった。このスローガンは中華民族の復興を目指す内容。習氏は3月の国家主席就任以降、権力基盤固めを着々と進めているが、一部には拙速さを指摘する声もある。

「習氏がこれまで外国指導者に語ってきた『中国の夢』という重要思想には多くの含蓄がある」。外交ト...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り875文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン