/

この記事は会員限定です

アイルランドとポルトガル、国債利回り低下 支援前水準に

財政再建の進展で

[有料会員限定]

【ロンドン=松崎雄典】国債市場で、金融支援下にあるアイルランドとポルトガルの国債利回りが、支援要請前の水準まで低下している。ギリシャに比べ財政再建が順調なため、債務不履行(デフォルト)への警戒感が和らいだ。景気減速による再建遅延の恐れはなお残るが、欧州中央銀行(ECB)の国債購入など支援体制の強化も投資家の購入を促している。

アイルランドとポルトガルの10年物国債利回りは、それぞれ5%強、8%台半...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り984文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン