アップル、中国市場に暗雲 商標巡り対立、輸出入禁止も
労働環境の批判も拡大

2012/2/16付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

米アップルに中国市場で逆風が吹き始めた。中国企業が多機能携帯端末(タブレット)「iPad(アイパッド)」の商標権の保有を主張し、輸出入の禁止を税関当局に請求した。委託生産工場では労働環境に問題があるとの批判が広がり、米公正労働協会(FLA)が中国で立ち入り調査を始めた。業績好調のアップルにとって中国がリスク要因となっている。

「iPadの販売を見合わせている」。河北省石家荘市にあるIT(情報技術…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]